後見・見守り契約 任意後見

任意後見契約

家庭裁判所が「後見人」「保佐人」「補助人」を選任する法定後見制度と違って、任意後見制度は、本人があらかじめ「任意後見人」という支援者を決めておく制度です。

任意後見人制度の利用は、信頼できる人と公正証書で契約することで将来に備えます。実際に判断能力が衰えたときに、裁判所が任意後見人を監督する「任意後見人」を選任して、任意後見契約の支援がスタートします。

任意後見契約は、将来に備えた大事な契約になりますので、当事務所では時間をかけてご相談に応じます。

後見・見守り契約の報酬について

費用の概算については、以下をご参考ください(具体的な調査内容、物件数、難易度により異なります)。ただし、報酬には登録免許税等の実費は含まれておりません。

手続き 報酬(登録免許税等実費は別途)
成年後見申立 100,000円~
法定後見人への就任 報酬は裁判所が決定
任意後見契約の公正証書作成 100,000円~
任意後見契約、見守り契約の公正証書作成 120,000円~
財産管理等委任業務 2,000円~/月間
任意後見業務 2,000円~/月間
  • アルクス法務事務所
  • 〒474-0053
    愛知県大府市柊山町八丁目340番地
  • 0562-45-4588
  • FAX:0562-45-4566
  • 事務所詳細
相続手続きはこちらもごらんください。